はんこ通販

 

 

姪が、女子大をでて就職します。

 

ぼくの進学費用をだしてくれた兄の子ですから、お祝いをしないと。

 

何もナシじゃ、恩しらずと思われますからね( ̄ロ ̄lll)

 

それに、姪は大卒社会人ですから、これからはちゃんとしたものを身につけないとダメ。

 

スーツとかカバンとかクツとかですね。

 

でも、ぼくは出遅れました‥‥。

 

他の親族がすでにプレゼントしていて、ネタがなくなっていたのです
(;-_-;)

 

姪の大学入学のときは、4000円のボールペンを贈りました。

 

ここでまたボールペンじゃ、センスないのがバレバレです‥‥。

 

 

印鑑は?

 

すると嫁から、切れ味鋭いアドバイスがとんできました。

 

はんこはダメ?社会にでたら、イヤでも使うでしょ?」

 

思いつかなかった。。。やっぱりぼくは凡人だな(p_-)

 

素直なぼくはさっそく、インターネットであちこちのはんこ屋の情報をさがしました。

 

はんこ屋

電話と住所

銀行印・認印・実印の最安の合計とでき上がり日数

公式あるよ

日昇堂

北海道札幌市豊平区美園3条6丁目1-7

¥48600

5営業日

公式あるよ

印工房キムラ

宮城県仙台市宮城野区榴岡5-1-8

¥24,000

1営業日

公式あるよ

銀杏堂

東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル地下1階

¥23,100

6営業日

公式あるよ

アートオフィス・トンボ

石川県金沢市西都2-163

¥15,390

1営業日

公式あるよ

中日印章

愛知県名古屋市中区金山3-17

¥30,888

3営業日

公式あるよ

宇佐美寛山堂大阪店

大阪府大阪市北区西天満2丁目2番18号

¥15,500

2営業日

公式あるよ

入江明正堂

広島県広島市中区新天地1-1

¥32,500

10営業日

公式あるよ

野並明章堂

高知県高知市帯屋町1丁目14番17号

¥19764

2営業日

公式あるよ

浅島龍文堂

福岡県福岡市博多区上川端町9-173

¥13,500

3営業日

公式あるよ

 

印鑑ってけっこう値段するんですね‥‥。

 

ぼくは進学費用だけじゃなく、印鑑も兄貴に買ってもらったので知らなかったのですが(恥) 

 

やはり、銀行印、実印、認印の大人セットをあげたいのですが、あまり高いのはちょっと、小遣いが足りない‥‥。

 

ぼくはパソコンの前で粘りにねばって、できるだけ安いはんこ屋さんをさがしました。

 

すると、いまどきはんこは、実店舗よりネット通販のほうが安いことに気付いたのです。

 

っていうか、今どきじゃなくて、けっこう前からネット通販の方が安いみたいでした‥‥。

 

それどころかぼくは、はんこが通販で買えることすら知りませんでしたがm(_ _)m

 

さがせば、まだ安いネット通販があるんじゃないか?と期待したぼくは、さらに粘って、はんこネット店を5件みつけました♪

 

そりゃ、町内にあるはんこ屋さんだって、品物をさわったり店主の話を聞けたりするところは長所かもしれません。けれど、値段が張る上にでき上がるまで日にちがかかるのって、ぼくからしたら短所にしか見えないのです(;^ω^)

 

はんこに強いこだわりがない人は、ネット通販のはんこ屋をつかった方がかしこいと思いますよ♪

 

よかったら、以下を見てみてください。

 

目次へ戻る

はんこネット通販店を5つ。
スーパーハンコ

 

注文当日に出荷してほしい人は、PM4時までにはんこを依頼しましょう。

 

送料がかからなくしたいなら、5400円ぶん買えばいいです。

 

女用

最安の認印 最安の実印 最安の銀行印 最安3本セット

980円

1780円

1380円

5180円

 

男用

最安の認印 最安の実印 最安の銀行印 最安3本セット

1380円

2180円

1780円

6180円

※価格はすべて税込となっていますよ。 

 

≫悩むぐらいなら公式サイトへ。

 

インカンズドットコム

 

5400円以上の注文なら、送料はかかりません。

 

PM2時までにオーダーすると、その日のうちに送ってくれます。

 

最安の認印 最安の実印 最安の銀行印 最安3本セット

980円

1780円

1380円

5180円

※価格はすべて税込となっていますよ。

 

≫悩むぐらいなら公式サイトへ。

 

ハンコマン

印鑑通販サイト【ハンコマン】

 

送料を意地でも払いたくない人は、5400円以上買うといいです。

 

お昼までに注文すれば、翌日には配達してくれるみたいですよ。

 

最安の認印 最安の実印 最安の銀行印 最安3本セット

1530円

2660円

1530円

5030円

※価格はすべて税込となっていますよ。

 

≫悩むぐらいなら公式サイトへ。

 

ハンコヤストアドットコム

 

送料はタダがうれしいに決まってるので、5250円をメドに買い物しましょう。

 

当日発送が希望なら、午前中にオーダーするといいですよ。

 

最安の認印 最安の実印 最安の銀行印 最安3本セット

1780円

2680円

1980円

6880円

※価格はすべて税込となっていますよ。

 

≫悩むぐらいなら公式サイトへ。

 

ハンコヤドットコム

 

5400円以上の注文で送料無料となりますよ。

 

昼の12時までにオーダーしたら、翌日配達も可能らしいです。

 

最安の認印 最安の実印 最安の銀行印 最安3本セット

2200円

3300円

2700円

7380円

※価格はすべて税込となっていますよ。

 

≫悩むぐらいなら公式サイトへ。

目次へ戻る

 

はんこネット通販店その他の情報。

知りたいことは安いかどうかだけではないと思うので、他の情報もどうぞ。

はんこネット通販店

店でもっとも売れてる素材

象牙商品

売れる字体

スーパーハンコ

黒水牛 アカネ 彩樺

無いそうです

みとめ⇒古印体

実印⇒篆書体

銀行印⇒吉相体

インカンズドットコム

黒水牛 チタン

有るそうです

みとめ⇒古印体

実印⇒印相体と篆書体

銀行印⇒印相体と篆書体

ハンコヤストアドットコム

薩摩本柘

無いそうです

みとめ⇒楷書と行書

実印⇒印相体と篆書体

銀行印⇒印相体と篆書体

ハンコヤドットコム

黒水牛

耐久性ならチタン

無いそうです

みとめ⇒隷書体と古印体

実印⇒吉相体

銀行印⇒吉相体

目次へ戻る

 

印鑑?印章?どっち?

 

皆さんは印鑑を通販で買う時、少しでも安く買うことばかり気にしているかも知れませんが、判子の呼称の問題とかを少しぐらい意識したことありますか?

 

だって、気になるじゃないですか、印鑑っていってみたり、印章っていってみたり。

 

いったいどちらが正しいんだよ?とか思ってしまいますよ、私なんか。

 

皆さんはそうでもないですか?気になりません?はんこなんか、通販で安く買えればそれでいいって感じですかね?

 

やっぱり、私が変わっているだけなのかなあ‥‥。

 

まあ、判子の呼称なんか、時代背景や作り方、使いかたによって違いがでてくるのですが、一番使われている呼称といえば、どうしても印鑑とか印章あたりになってきますからね。

 

 

●印鑑

 

印鑑条例、印鑑登録、印鑑証明とか、よく聞く言葉ですよね。

 

その言葉の意味を詳しく説明しろって言われると、ちょっと難しい感じの言葉たちです(;-_-;)

 

そもそも印鑑って言葉の由来は、印影台帳ってやつなんだそうです。

 

印影台帳っていうのは、印がホンモノかニセモノかを判断するための台帳のことで、これを昔は鑑(かがみ)って呼んでいたわけです。

 

印がホンモノかニセモノかを照合する鑑(かがみ)となる台帳ってことなんでしょうね。

 

これに伴って、ホンモノの印影であると役所からゴーサインがでた印章自体についても、印鑑と呼ぶ習慣が定着してきたりしたようです。

 

印鑑証明を出してくれる市区町村の役所や銀行などでは、印を登録した台帳でホンモノかニセモノかを判断するので、印章を印鑑と呼んでいるようです。

 

つまり、はんこのあらたまった、かしこまった、若干カッコをつけた言い方であるわけですね。

 

通販で安く買えればはんこの通称の由来なんかどうでもいいって人は、こんなウンチクどうでもいいでしょうね。すいませんm(_ _)m

 

 

●印章

 

はんこ有識者によると、はんこ大国日本においては、印章っていう呼称がじつはいちばん適切な呼称ではないのか?と言われています。

 

というのも、日本のはんこに関する刑法である「印章偽造罪」などをみても、印鑑ではなく印章という言葉を使いがちだからであります。

 

ただし、刑法においては、印顆(いんか)、印影(印に朱肉をつけて紙などに捺した跡)も印章のうちとしています。法の中の単語の意味として、ですが。

 

しかし、はんこなんか通販の安物で十分ってぐらい、はんこに興味やこだわりのない人にとっては、こんな解説なんて何の値打ちもないことなんでしょうね。恐れ入りますm(_ _)m

 

 

はんこ以外の同姓同名対策とは?

 

自分自身が通販で買ったはんこをついたわけではないにもかかわらず、自分自身に災いがふりかかる場合があるのを、あなたはご存知ですか?

 

これは、「第三者の他人があなたになりすまし、あなたの名前を勝手に用い、勝手にはんこをついて契約ごとをしてしまったときに、自分にふりかかる災い」を指しています。

 

当たり前の当たり前レベルの話ではありますが、あなたは世界に一人しかいないはずなのです。

 

もしあなたが、全国津々浦々を探せば、同じ名字で同じ名前の人がやたら何人もいるぐらい、日本にありがちな名前の人だと仮定します。そういう場合は、その同姓同名の方が、あなたに関する契約を間違えて交わしてしまったりする偶然も、もしかしたらあるかもしれません。

 

ただ、日本社会もまるっきりバカではないので、その辺の同姓同名の事情は心得て、ちゃんと対策をしてくれているわけです。

 

その日本社会の同姓同名対策とはなにかと言うと、答えはカンタン、契約書類には名前を書いて通販で買ったはんこをつくだけじゃなく、現住所も記入しなければならなくしているところなのです。

 

そりゃ、当たり前の対策ですよね。。。

 

だって、「田中太郎」みたいに、ものすごく日本にありがちな名前の人が契約書を作成する時に、「田中太郎」って名前を書いて捺印(通販で買ったはんこ)だけしているようでは、何県何市の「田中太郎」って人が結んだ契約なのかサッパリわからない事態に陥ってしまいますからね。

 

こんな情けない話もありません。

 

あなたも日常、もはや当然のこととして通販で買ったはんこをつくと同時に署名し、現住所も記入しつつ契約書を作っているのだろうとは思います。

 

しかし、ここで再認識してほしいのです!

 

あなたが日本で唯一無二のあなたであることを証明するための手段として、署名、捺印、現住所記入の三拍子がそろった手続きが必要なのだということを。

 

本当に当たり前のことすぎて、「オレを馬鹿にしてるのか?」とか思われるかもしれませんが、決して馬鹿になどしておりません。

 

当たり前のことなのですが、契約においては最も大切だといっても過言ではないのが、署名、捺印、現住所記入の手続きなのですから。

 

ちなみに、同じ現住所に同姓同名の人が暮らしているような場合には、出生年月日も併記するなどの工夫が必要になります。

 

とにかく、考えられるすべての手段を用いて、同姓同名対策をしていくべきなのが、わが日本の契約社会なのであります。

 

つまらないトラブルに巻き込まれるのを未然に防ぐために、めんどくさくても、キッチリ丁寧に契約書類を作成することにしましょうね。

 

また、契約書につくはんこは大切な印鑑なのですから、文房具店のクルクルショーケースに刺さっているようなしょうもない安物三文判ではなく、本気のバッチリはんこを通販で買うに越したことはないと考えます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

更新履歴